このページでは、私たちのライティングのこだわりの一部をご紹介しています。

実際に、みなさんが活用できる内容も掲載していますので、​ぜひご一読くださいませ。

多くの情報が、必要とする方に届くよう、今後もサービスの向上に努めてまいります。

1. 読みにくい文章は、リズムを整えよう

​文章は、誰でも気軽に書けるものです。

しかし、多くの人が「なんだか読みにくいな」と感じる文章と、出会った経験があるでしょう。

読みにくさの多くは「リズム」を整えることで、改善します。

例えば、以下の文章を読んでみてください。

今日は花子さんと太郎さんの友達の会社の打ち合わせの中で今年行われるオリンピックのラグビーについて話しました。​​

内容は理解できますが、非常に読みにくい文章になっています。

リズムの改善後が、以下の文章です。

今日は、花子さんと打ち合わせに行きました。会場は太郎さんの友達の会社です。

テーマは、今年開催のオリンピックについてで、ラグビーのことを話しました。

このように、内容を区切りリズムを整えるだけでも、文章の読みやすさは向上します。

「このギミックについて、コンセンサスを得る必要がある」

上記の言葉を見て、すぐに意味を理解できるのは、一部の大人のみです。

理解している人同士のやりとりであれば、問題ないのですが、

複数に対して発信する場合には、不向きな表現といえます。

「この仕掛けについて、みんなの同意を得る必要がある」

このように、多くの人が知っている言葉で表現することで、

​より簡単に素早く、情報を伝えることができます。

2. かっこいい横文字や専門用語は誰のため?

伝えたい想いをすべて書き出そうとして、長文になってしまった経験はありませんか。

書いた側の気持ちとしては「伝えたいことを書ききれた」と、満足してしまうことが多いのですが、

読み手側の気持ちとしては「読むのが大変だな」「何を伝えたかったのだろう」と、​その情報が伝わりきらないことが多いです。

​他者に文章として何かを伝えるときには、“本当に伝えたいこと”をしっかりと見極め、

​余分な言葉や情報を取り除いたシンプルなつくりを心掛けましょう。

3. 本当に必要な情報を見極め、洗練された文章を届けよう

このように、私たちは「情報をやさしく届けること」へのこだわりを持っています。

​サービスの対応領域は、原稿用紙1枚から書籍までさまざまです。

お客様のご要望に合わせて、最適なプランのご提案が可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

仙台市で上質なデザイン・ライティングを依頼するなら ©便利創造軒